スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後からの釣り

7月23・24日

迎え盆を済ませてからの出発だったので現地到着は3時を過ぎてしまった。
流石にこの時間だと早朝から釣っている人は上がってしまったかな。
入渓している先行者はなさそうだ。

今にも降りだしそうな天気なので安全を考えて普段は飛ばしてしまう下流部を釣ることにした。
早速、準備をして林道を少し歩いて入渓するも反応は・・・全くない・・・
2時間ほどしてやっと反応が~と思ったら尺上・泣き尺とポンポンと良型を掛けたものの跡が続かず。
その直後にザーっと降りだしたのでこの日は終了。

P7230217.jpg

P7230213.jpg

2時間しか釣りが出来なかったのでこのまま帰ったのでは高速代とガス代が勿体無い!
という事で、昼過ぎには帰宅すると約束して延長戦決定。
以前から行って見たかった小渓へ・・・(近くまで移動して車中泊)

結論から言うとこの溪はハズレだった。
魚影は比較的濃いがサイズは7寸くらいが上限か。
水面スレスレまで伸びた木の枝には参った。
好ポイントに限ってえげつない!
とにかく木の張り出し加減が絶妙でエサの提灯釣りでも難しいんじゃないかな・・・
4時間近く釣り上がった所でイワナの生息圏を越えたようなので納竿。
釣ったイワナの数倍走られまくったと思う。
キャストは・・・だがストーキングは人並み以上だと思っていたのでちょっとショック。

P7240237.jpg

P7240234.jpg

P7240235.jpg
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。